旅するYoko

やらずに後悔するより、後悔してもやりたい!

ベネズエラ~エンジェルフォール①

私が今までで一番感動した場所を振り返ります。

 

2016年7月にヴェネズエラのエンジェルフォールに行きました。

一人旅だったので費用面で日本からのツアーに入りました。

2019年2月から外務省の危険情報で渡航はやめてくださいなのでツアーはありません。

早く行かれるようになると良いですね。

 

お札

アメリカを経由し、カラカスへ。

空港で見かけたベネズエラのお札

 

景色

カラカスのホテルからの眺め

 

治安が悪いので、ホテルは鉄条網で囲まれていました!

 

囚人になった気分でした💦

 

朝食

まあまあかな

 

景色

昼食会場からの眺め

 

ベネズエラのビール

昼食

見かけは美味しそうですが、味付けが・・・

 

客室

 

プエルト・オルダスのホテル

Best Western Mara Inn

 

bathroom

 

スープ

夕食です

これは美味しかった♪

 

主菜

牛肉が硬くて・・・

 

朝食

まあまあです

 

オリノコ川

灰色のカロニ川のむこうに茶色いオリノコ川

成分と水温の違いから色が混ざらずに2色

 

オリノコ川

茶色いオリノコ川

西はアンデスから発し、東の大西洋に流れている

 

クルーズの途中、滝がたくさんあり、水しぶきを浴びました。

 

セスナ

カナイマまで一日一便、一時間のフライトです。

大きなスーツケースは載せられず、2泊3日分の荷物を持って、残りはエンジェルフォールの先の滞在地へ送られます。

 

景色

空港を飛び立った時の窓からの景色。

フランス個人旅行~7日目~帰国

ターミナル2Eのチェックイン・カウンターで開始の3時間前にチェックインをしました。

 

ビジネスクラスだから、並ばずに済みました。

 

PCR検査結果の厚労省のフォーマットを提示しました。

 

 

ラウンジ

AFのラウンジで朝食です。

さすが本拠地なので席はたくさんありました。

 

パン

全部食べたいけど無理なのでいくつかを選びました。

 

料理

果物も美味しかったですが、スイーツがどれもとても美味しかったです♪

 

ハム

バターが美味しい♪

 

料理

 

コーヒーと紅茶

 

飲み物

お酒も豊富。

 

飲み物

ソフトドリンクもいろいろ。

ジャムとはちみつ。

写し忘れましたが、スクランブルエッグがとっても美味しかったです♪

少食の義母がお代わりしました。

 

メニュー

搭乗口でMY SOSの青い画面を提示するように言われました。

 

AFビジネスクラスのメニューです。

 

前菜

 

魚の主菜

 

牛のほほ肉の主菜

口の中でとろけました♪

 

チーズ

美味しいですが、量が多すぎました。

 

デザート

とっても美味しかったです♪

 

朝食

完食しました♪

 

お土産

ほとんどがMONOPRIX,FRANPRIX, Carrefourで買いました。

スーパーの買い物が大好きです♪

FauchonとLadureeは空港で買えました。

無制限の海外旅行保険をかけましたが、幸い使うこともなく

81歳の義母と無事に帰国できて安堵しました!

義親孝行ができて自己満足。

フランス個人旅行~6日目~宿泊

帰国便が朝早いので、空港内のホテルに泊まりました。

タクシーでホテル前まで行かれるので、とても楽でした。

 

Roissy CDG Airport Hotel | Sheraton Paris Airport Hotel & Conference Centre (marriott.com)

 

 

客室

 

サービス

サービスのミネラルウォーターもありました。

 

客室

 

bathroom

bathtubは嬉しい♪

 

窓からの眺望

窓からは空港がよく見えました。

音は全く気にならなかったです。

 

窓からの眺望

 

窓からの眺望

 

パリ・オリンピック

2024年のパリ・オリンピックのTシャツが売られていました。

 

ホテルはターミナル2Cにあります。

帰国便は2Eだったので、あまり歩けない義母には近くて良かったです。

 

フランス個人旅行~6日目~凱旋門

凱旋門は、軍事的勝利を讃え、その勝利をもたらした将軍や国家元首や軍隊が凱旋式を行う記念のために作られた門。

発祥の歴史は古代ローマ時代まで遡る。

建築物としてはここが有名ですが、これも古代ローマの風習にならったもの。

前年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まった。

ルイ・フィリップの7月王政時代、1836年に完成。

ナポレオンは凱旋門が完成する前に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時。

その後、1885年のヴィクトル・ユーゴー国葬における遺体安置、あるいは1919年7月14日の第一次世界大戦の同盟国の勝利のパレードなど、国家の歴史的な出来事を執り行う場所として機能

高さ50m 、幅 45m、奥行き  22m

 

凱旋門

 

凱旋門

夕景

凱旋門

夜景

凱旋門

凱旋門

せっかくなので、凱旋門を一周しました。

アルメ通り

凱旋門

Av. Fosh フォッシュ通り

凱旋門

ヴィクトル・ユゴー通り Av. Victor Hugo

凱旋門

クレバー通り Av. Kleber

凱旋門

イエナ通り Av. d'Iena

凱旋門

マルソー通り Av. Marceau

凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りをはじめとして12本の通りが放射状に延びており、その形が地図上で光り輝く「星=étoile」のように見えることから、この広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l'Etoile」と呼ばれていた。

そのため、「エトワール広場の凱旋門」の意味の「Arc de triomphe de l'Etoile」との正式名称がある。

この名称は後年に「シャルル・ド・ゴール広場 Place Charles-de-Gaulle」と変更。

 

Fouquet

シャンゼリゼ通りを歩き、有名なカフェ・フーケ

Ladree

シャンゼリゼ通りのラデュレ、マカロンが人気です。

 

Leon

シャンゼリゼ通りのレオン。 ムール貝が人気です。

 

MONOPRIX

スーパーで買い物♪

 

MONOPRIX

オリジナル・ブランドも美味しい♪

 

凱旋門

フリドラン通り Av. de Friedland

 

凱旋門

オッシュ通り Av. Hoche

 

凱旋門

Av. de Wagram ワグラム通り

 

凱旋門

マック・マオン通り Av. Mac-Mahon

 

凱旋門

カルノ通り Av. Carnot

 

凱旋門

義母を連れて、凱旋門を見に来ました。

 

メニュー

義母はシャンゼリゼ通り側まで歩くので精一杯。

近くのRestaurant Le Drugstoreでランチ♪

義母の席からは凱旋門が見えます♪

 

サーモン

 

鮭とホウレンソウ

 

パン

とても美味しかったです♪

 

 

フランス個人旅行~5日目~宿泊

窓から凱旋門が見えるこの部屋に泊まりました。€617

 

→ Hôtel Splendid Étoile 4* - Paris | Official website (hsplendid.com)

 

今回の旅行で一番高価です。

 

ホテル

ホテルを出るとすぐに凱旋門が見えます♪

 

客室

最上階のsuiteで、寝室とリビングをカーテンで仕切ることができます。

 

客室

瓶の水とお茶セットのサービス。

 

客室

 

寝室

ベッドに寝ころびながら、凱旋門が見えます♪

 

客室

テレビがリビングと寝室に合計二つありました。

 

bathroom

bathtubは嬉しい♪  

バスローブもスリッパもありました。

 

bathroom

洗面台が二つあります♪

 

窓からの景色

部屋に入るとこの眺望♪

 

窓からの夕景

日が暮れてきました。

 

窓からの夜景

右手にエッフェル塔も見えました♪

 

窓からの夜景

 

窓からの景色

夜明けの景色♪

 

私は何度もホテルを出て、近くで凱旋門を見ました。

 

義母は窓からずーっと眺めていました!

 

義母の様に、あまり歩けない場合はこの部屋は最適だと思いました。

 

 

フランス個人旅行~5日目~ルーブル美術館

PCR検査のクリニックからタクシーに乗り、

99 Rue de Rivoliの赤い入り口で降ろしてもらい、向かったのはルーブル美術館

事前に入場券は日時を指定して、購入しました。€17

 

Official tickets website (ticketlouvre.fr)

 

事前購入の人は赤い入口からすぐに入場できます。

当日購入の人はガラスのピラミッドの窓口に長蛇の列でした。

 

フランス国立美術館

世界最大級の美術館であるとともに史跡で、収蔵品38万点以上が総面積6万600㎡の展示場で公開。

世界でもっとも入場者が多く、2018年に1000万人を超えた。

建物はフィリップ2世が12世紀に要塞として建てたルーブル城。

世界遺産のセーヌ河岸に包括登録されている。

 

サモトラケのニケ

 

パオロ・ヴェロネーゼのカナの婚礼

モナリザの対面に飾ってありました。

 

 ダヴィンチのモナリザ

ここだけは、ロープに行列し、「One Photo」と言われ、近くで一枚だけ写真を撮ると、移動させられました💦

 

並んでいる間に絵画だけは何枚も撮影できました。

 

ドラクロワ民衆を導く自由の女神

 

ダヴィドのナポレオン1世戴冠式

 

 ラファエロの美しき女庭師

 

ミロのヴィーナス

 

混雑していたし、階段が多く、義母は疲れたので、主要作品だけ見て、ホテルに戻りました。

 

念願のモナリザを見ることができて良かったです。

 

フランス個人旅行~5日目~オルセー美術館

PCR検査を終えて、ホテルにいったん戻り、少し休憩。

チェックアウトをし、荷物を預け、タクシーで向かったのはオルセー美術館

 

オルセー美術館

19世紀美術専門の美術館。

印象派の画家の作品が数多く収蔵されている。

建物は1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテル。

イタリアの建築家ガエ・アウレンティの改修により、1986年に美術館として開館。

 

ゴッホのオーヴェルの教会

 

 

ゴッホの自画像

 

ゴッホのアルルの部屋

 

ゴッホローヌ川の星月夜

 

ゴーギャンアレアレア(喜び)

 

ゴーギャンの海の景色と岩場の牛

 

スーラのサーカス

 

アンリ・エドモン・クロスの夕風

 

ルノアールのピアノに寄る娘たち

 

セザンヌの玉ねぎのある静物

 

セザンヌの籠のある静物

 

モネの青い睡蓮

 

モネのルーアン大聖堂

 

モネの日傘の女

 

ルノアールの都会のダンスと田舎のダンス

 

モネのモントルグイユ街

 

ドガの踊り子

 

ドガのバレエのレッスン

 

ルノアールのブランコ

 

ルノアールムーラン・ド・ラ・ギャレット

 

マネの草上の昼食

 

モネの草上の昼食

 

ロートレックのギャラリー・イグレックの日

 

ミレーの晩鐘と落穂拾い

 

マネの笛を吹く少年

大時計

 

シーザーサラダ

 

パスタ

メニュー

 

レストラン

 

レストラン

主要な絵画を見学し、2階のレストランで昼食。

13時頃でしたが、予約してなくても、すぐに席に案内されました。

ここは内装がとても美しいです♪

 

お料理もカラフルで美味しかったです♪

 

オルセー美術館内でwifiが繋がったので、メールを確認したら、PCR検査を受けたクリニックから届いていました。

 

でも仏語だったので、英語のできるウエイターさんに内容を教えてもらったら、陰性とのこと!

 

大丈夫と思いながらも安心しました。

オルセー美術館前のセーヌ河沿いにTAXIの標識がある乗り場からタクシーでPCR検査を受けたクリニックに向かいました。

 

義母はたくさんは歩けないので、タクシーにクリニック前で待っていてもらいました。

 

厚労省のフォーマットに記入をしてもらい無事に受け取りました。

 

夜、ホテルでMY SOSに厚労省のフォーマットの写真を添付して送付しました。

翌朝、画面は青くなりました!

これで、日本入国に時間がかからなくて済みます。